デジタルノマドの意味

デジタルノマド意味

皆さんは、デジタルノマドというフレーズを耳にされたことはあるでしょうか。

「ノマド:nomad」とは日本語で表すと「遊牧民」という意味です。歴史的にノマドの仕事と言えば「羊飼い」でしょうか。しかし2000年代に入って「デジタルノマド」が登場。簡単に言うと、まさに遊牧民のように定住せず、各地を移動しながらインターネットを通して働き、生計を立てている人達の事。ここでは、そんなデジタルノマドについて触れていきたいと思います。

デジタルノマドとはどんな働き方なのか

デジタルノマド働き方

デジタルノマドとは、具体的に言うとPCやスマホなどのデジタル機器を使用して自分の住みたい場所へ移動しながら働くスタイルの人たちのことです。昨今では、IT技術の進化に伴い他は会社に勤めて働かなくても良い環境が整っています。言い換えると、場所や時間を限定されずに誰とでも仕事ができるということです。

通勤するために満員電車に揺られることもなく、最近では新型コロナウイルスに感染するリスクもありますので、自宅を含めた好きな場所で仕事ができることはとても魅力的であると言えるでしょう。

デジタルノマドの仕事

デジタルノマドでできる仕事は、もちろんパソコンなどのデジタル機器を使用した仕事内容が前提となっています。エンジニア、アプリ開発、Webデザイナーなどが事例として挙げられます。また、フリーランスとしてライターやプログラマーなどとして活躍する人も少なくないでしょう。

デジタルノマドを支えるインフラの発達について

デジタルノマド インフラ

デジタルノマドは、自宅を含めた様々な場所で仕事をすることができます。

しかし、例えば自宅などでは小さな子供がいると騒がしくて仕事にならなかったり、仕事とプライベートのオンオフが切り替えずらいことなどもあります。

そんな問題を解決する1つの手法として、最近ではコワーキングスペースなども充実しています。コワーキングスペースとは、簡単に言うと共同オフィスのようなものです。解放された空間が提供されていて利用料金を支払うことによりスペースを利用することができます。自分でオフィスを持つ必要もなく、必要な時に必要な時間だけ使用することができます。

このように、デジタルノマドを支えるためのインフラについても発達していると言えます。

旅をしながら仕事もするライフスタイルのメリット、デメリット

デジタルノマド メリットとデメリット

デジタルノマドのメリット

デジタルノマドならではの特徴として、働く場所から解放されると言うメリットがあります。会社に通わなくても仕事ができるということは、旅をしながらでも仕事が出来るということです。例えば、場所を1つに特定しないで、様々に変えながら仕事をしているケースがあります。それは、自分が行ってみたかった憧れの場所に訪れ、昼間はコワーキングスペースで仕事を行い、夜は街を散策したり、週末にちょっと遠出をしてみたりできるのです。逆に、夜に仕事をするというスタイルにすると日中は様々な観光地を訪れることもできるのでしょう。海辺の近くに滞在し、仕事の間にサーフィンやスキューバ・ダイビングを楽しむデジタルノマドもいます。このように、自由度の高いライフスタイルを確立できるのもデジタルノマドの大きな魅力であると言えます。

デジタルノマドのデメリット

良い点が非常に目立つデジタルノマドですが、悪い点もあります。デジタルノマドではフリーランスとして活躍している人も多いことから、会社に属していないため社会的な信用を得ることが大変です。また、パソコンなどのデジタル機器が必須であることから、それらの機器を購入するためのイニシャルコストもかかりますし、インターネット環境が必須となりますのでそれらの環境を維持するためのランニングコストもかかります。会社に所属していないからこそ、クライアントと対面で打ち合わせをする場合などは、機密性が確保される会議室をレンタルしないといけないことなど、様々な点に気を配る必要もあるでしょう。

このように、デジタルノマドには様々なメリットとデメリットがあるのです。

デジタルノマドの魅力について 

ここまでデジタルノマドについて説明させて頂いたとおり、メリットだけでなくデメリットもあることは否定できません。しかし、私個人の感想としてはデメリットよりもメリットの方が格段に大きいと言えます。場所や時間に縛られませんので、クライアントとの仕事の調整次第では平日の好きな時に旅行などに行くことができますし、どうしても急ぎの場合では旅行先で少し仕事をするだけで完了させることもできます。

会社勤めで働いていた時には絶対に無理だと思っていたことが、今では簡単に実現できるのはすごいことだと思っています。

デジタルノマドに興味を持たれる方にとって、この記事が少しでもお役に立てているのであれば幸いです。

ディスカッションに参加

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です